2021年9月21日

小田原市におけるCO₂排出量及び環境価値の可視化
並びに価値化の試行に関する協定を締結します

湘南電力株式会社

湘南電力株式会社(本社:神奈川県小田原市、代表取締役社長:原正樹、以下、湘南電力)は、2050年における脱炭素社会の実現を目指して、地域における再生可能エネルギーの普及をはじめ電力の地産地消を通じた循環的で持続可能な地域づくりに取組んでいます。

このたび、2050年までにCO₂排出量実質ゼロを表明する小田原市(市長:守屋 輝彦)と、株式会社エナリス(代表取締役社長:都築実 宏)、株式会社ゼロボード(代表取締役社長:渡慶次道隆)で「CO₂排出量及び環境価値の可視化並びに価値化の試行に関する協定」を締結することになりました。以下の通り、協定書の調印式を行いますのでお知らせいたします。


【日 時】 

 9月27日(月)午前9時~10時
【場 所】 

 小田原市役所3階庁議室(神奈川県小田原市荻窪300)
【出席者】 

 守屋 輝彦   小田原市長

 都築 実宏   株式会社エナリス  代表取締役社長

 渡慶次 道隆  株式会社ゼロボード 代表取締役社長

 原 正樹    湘南電力株式会社  代表取締役

 

事業概要

再生可能エネルギーの自家消費相当分が生む“環境価値”を活用して地域の飲食店等の脱炭素化を促進します。

地域の飲食店等は、自らの商品やサービス提供に伴うCO₂排出量を見える化するとともに、環境価値の提供者に対価としてのクーポン等を提供します。環境価値の可視化、価値化、地域を巻き込んだ好循環の一体的な創出は、脱炭素化に向けた行動変容の試行の特徴的な取り組みとなります。 

本調印式の取材について

≪調印式の取材について≫
調印式を取材いただける場合は、info@shonan-power.co.jp へ、必要事項記入のうえお知らせいただけますようお願い申し上げます。

①会社・媒体名 ②所属・お役職 ③参加者氏名 ④メールアドレス
締切り:9月24日(金)18時

プレス資料

プレス資料 (105.6KB)

PDFファイルをご覧になるには、Adobe® Reader®が必要です。