医療法人財団 倉田会 くらた病院 理事長 倉田康久

約80年前、平塚の地で「地域に根を張った医療」を目指して開業、現在は「共に歩む・・・。」をキーワードに医療活動に取り組んでいる医療法人財団倉田会。医療・介護機関がどのように社会に貢献し、どのように関わっていけるのかを常に意識するくらた病院が、湘南電力という新しいサービスにどのような考えを持って賛同したのか。湘南コミュニティと湘南ベルマーレのこれからを見据えたビジョンとあわせて、お話を伺いました。

まずは、湘南電力にご契約いただいた理由をお聞かせください。

理事長 倉田康久

湘南電力に契約した理由としては3点あります。一つ目は電気料金が安くなること。二つ目は蓄電池に興味があることです。まだまだ現在の蓄電池では、非常時、災害時における医療治療の使用用途としては難しい状況ですが、湘南電力の親会社であるエナリスでは蓄電池ビジネスの計画があるということを聞きましたので、湘南電力でも将来的には蓄電池を使ったサービスの提供を期待しています。三つ目は、湘南ベルマーレにプラスになる活動であることです。当財団は、湘南ベルマーレの「オフィシャルクラブパートナー」としてチームをサポートしています。湘南電力に契約することがチームにとってプラスになるだけでなく、地元に経済効果をもたらすこのビジネスモデルに賛同しました。

地域の活性化や電力の地産池消について、どう思われますか?

平塚市はまだまだポテンシャルが高いと考えられます。プロフェッショナルなサッカーに気軽に触れる環境は日本では限られた都市にしかありません。なので、地域のコンテンツとしての湘南ベルマーレの活用方法はまだまだあると思います。但し、平塚市は交通インフラに課題があると思います。隣の茅ヶ崎市には、JRの駅が3つありますが、残念ながら平塚市内には1つしかありません。電力の自由化を契機に、電力インフラでは湘南地域で先進的な都市にしていけたらいいですね。電力の地産地消で平塚市が盛り上がる可能性は十分にあります。

湘南電力へこれから期待することはありますか?

地元平塚市だけでなく湘南地域に大きなプラス効果をもたらして頂けることを期待しています。そしてこの湘南電力のビジネスモデルが、他の地域でも拡がっていくことを確信しています。湘南電力はもちろんのこと、親会社であるエナリスもがんばって欲しいです。エナリスは電力の自由化を引っ張ってきたリーダーであり、エナリス・湘南電力の目指す方向は、正しいと信じています。

湘南ベルマーレへの応援メッセージをお願いいたします。

何といっても地元の誇りですし、真っ直ぐでひたむきにサッカーする姿勢を続けて欲しいですね。ようやく湘南ベルマーレの走るサッカーが「湘南スタイル」として認知されてきています。勝ち負けではなくて熱い!サッカーでもっと地元を盛り上げて欲しいです。湘南ベルマーレがJリーグの中で一番、地域貢献活動を行っていると思います。その点に共感して当財団は「オフィシャルクラブパートナー」を続けています。これからは、多くの企業が湘南電力を使うことで、湘南ベルマーレの地域貢献につながることを期待しています。

理事長 倉田康久|診察

くらた病院

住所:〒254-0018 神奈川県平塚市東真土4丁目5番26号

TEL:(0463)53-1955

診療内容:内科・外科・整形外科・乳腺外科

病床数:79床(医療型療養病床49床・介護療養型病床30床)

人工透析:入院患者 透析ベッド17床

くらた病院