NEWS RELEASE

2020年3月16日

湘南電力株式会社

EVを活用した地域エネルギーマネジメント事業
テスト運用開始しました

~「脱炭素交通手段」&「動く蓄電池」で地域課題の解決へ~

 湘南電力は、電力の地産地消を通じて持続可能なまちづくりに取り組んでいます。

 このたび、神奈川県小田原市、株式会社REXEV、湘南電力株式会社、の3社は「小田原市EVを活用した地域エネルギーマネジメントモデル事業」に関するテスト運用を開始しました。

セレモニー写真

小田原市:加藤憲一市長、REXEV:渡部健氏、湘南電力:原正樹

REXEV社によるアプリ「eemo」説明

充電は車両前方より行います


 本事業は、EV(電気自動車)を用いたカーシェアリングとして、アプリ「eemo」を通じてサービス提供されます。西湘エリアに配備されたEV100台(2020年10月~)をスマートフォンおよびアプリのみで利用することが可能になります。待機中のEVバッテリーは、エネルギーの効率的な利用を促進するエネルギーマネジメントに利用されます。

 

【サービス展開スケジュール】

 テスト運用:2020年3月16日~5月31日

 本運用:2020年6月1日開始(予定)

 小田原市は本事業を通じ、「小田原市再生可能エネルギーの利用等の促進に関する条例」に基づき地域のエネルギー自給を推進します。本事業ではEVを「動く蓄電池」として、地域のエネルギー自給率と地域の防災性の向上を図り、再生可能エネルギーを利用した交通手段により点在する地域資源をつなげ、地域課題の解決に寄与します

【本件に関するお問合せ】

湘南電力株式会社

 TEL:0465-34-9105

(平日9:00~17:30)