NEWS RELEASE

2017年10月03日

開成町 再生可能エネルギーの地産地消事業の推進に係る協定の締結について

~開成町、湘南電力株式会社、ほうとくエネルギー株式会社の3者で基本協定を締結~

このたび、開成町、湘南電力株式会社、ほうとくエネルギー株式会社の3者は、開成町における再生可能エネルギーの地産地消事業の促進に向けた基本協定を締結いたしました。

開成町は、平成25年度から12年間を計画期間とする「第五次開成町総合計画」を策定、同計画の基本構想に掲げられた「自然が豊かで環境に配慮したまち」の実現を目指して諸政策を実施しております。また、「開成町環境基本計画」を策定し、地球温暖化対策の推進及び新エネルギーの利活用の推進を実現すべく、電力の地産地消事業に取り組むこととなりました。

ほうとくエネルギー株式会社は、平成24年12月、地域密着のエネルギー会社として設立され、市民ファンドによるメガソーラー発電所を建設、再生可能エネルギーの地産地消事業に取り組んでおります。

湘南電力株式会社は、本年5月、株式の80%を小田原地域の企業5社が取得、ほうとくエネルギーのメガソーラー発電所から電気を買い取ると共に、エネルギーの地産地消による地域活性化を目指し事業展開を図っております。

今般、この3者が、開成町における再生可能エネルギーの地産地消事業の推進に向けて具体的な検討を開始することに合意したものです。
今後、3者は、各々の役割に積極的に取り組むと共に、相互に連携を深め、より良い開成町のまちづくりに貢献して参ります。
開成町、湘南電力株式会社、ほうとくエネルギー株式会社の3者で基本協定を締結