2020年9月9日

湘南電力株式会社

経済産業省
「地域マイクログリッド構築事業」に取組みます

~再生可能エネルギーを活用した地域マイクログリッドの実現へ~

 電力の地産地消を通じた持続可能な地域づくりに取組む湘南電力株式会社(本社:小田原市、代表取締役社長 原正樹)は、経済産業省の令和2年度「地域の系統線を活用したエネルギー面的利用事業(地域マイクログリッド構築事業)」に採択された、EVカーシェアリングおよびエネルギーマネジメントに取組む株式会社REXEV(本店:東京都千代田区、代表取締役社長:渡部健)、京セラ株式会社(本社:京都府京都市、代表取締役社長:谷本秀夫)、株式会社A.L.I. Technologies(本社:東京都港区、代表取締役社長:片野大輔)、神奈川県小田原市(市長:守屋輝彦)とともに、再生可能エネルギーを活用した地域マイクログリッドの構築実現へ向けコンソーシアムを立ち上げました。

本事業の概要

 小田原市内の一般家庭に設置された太陽光発電の余剰電力を同地域内の大型蓄電池やEVに供給します。地産地消を実現する地域エネルギーマネジメント(Region Energy Management:REM)により、発電・需要・余剰の運用を一元的に行い、ブロックチェーンにより地域の再エネ共有モデルの構築を目指します。非常時には、系統電源から切り離し、一部の太陽光発電と蓄電池、EV を活 用したマイクログリッドを運営し、地域のレジリエンス強化を実現します。

地域マイクログリッド構築事業イメージ