NEWS RELEASE

2019年10月21日

湘南電力株式会社

小田原市・REXEVとEVを活用した
地域エネルギーマネジメントモデル事業に関する事業協定を締結

~「脱炭素交通手段」&「動く蓄電池」で地域課題を解決します~

 湘南電力は、電力の地産地消を通じて持続可能なまちづくりに取り組んでいます。

 このたび、神奈川県小田原市、株式会社REXEV、湘南電力株式会社、の3社は2019年9月18日付で環境省「脱炭素イノベーションによる地域循環共生圏構築事業のうち脱炭素型地域交通モデル構築事業」に採択されたことを受け、「小田原市EVを活用した地域エネルギーマネジメントモデル事業」に関する事業協定を締結し、本日、協定調印式が実施されました。

調印式写真

(左より) 湘南電力社長:原正樹、REXEV社長:渡部健、小田原市長:加藤憲一

 小田原市は本事業を通じ、「小田原市再生可能エネルギーの利用等の促進に関する条例」に基づき進めた地域のエネルギー自給に関する取組を更に進めます。本事業では、EVを「動く蓄電池」として活用し、地域のエネルギー自給率向上、地域の防災性の向上といった効果を狙うとともに、再生可能エネルギーを利用した交通手段の提供により点在する地域資源を新たにつなげ、地域が抱える地域課題の解決に寄与します。各社は以下の役割のもと事業を推進します。

【小田原市】

 事業の着実な推進に向けた連絡会議の設立、運営 取り組みの周知・発信

【REXEV】

 小田原市の指定する公共施設を含む地域内施設に電気自動車および充電設備の導入

 電気自動車を用いたエネルギーマネジメントの実施

 湘南電力と連携し、再生可能エネルギーの効果的な活用に資するマネジメントの実施

 災害時等の電気自動車の非常用電源としての提供

【湘南電力】

 電気自動車の充電に向けた再生可能エネルギー由来電力の供給


事業スキーム

【本件に関するお問合せ】

湘南電力株式会社

 TEL:0465-34-9105

(平日9:00~17:30)