NEWS RELEASE

2019年11月7日

湘南電力株式会社

【地域】防災セッション授業を実施しました
(逗子開成中学校)

セッション風景1

湘南電力は、電力の地産地消を通じて、自立的な分散型エネルギー社会の実現に取組んでいます。

 

2019年10月1日、逗子開成中学校2年生を対象とした防災セッション授業を実施しました。

「もし災害が発生し、まちから電気が無くなったとき、自分たちにできることは何か?」

被害状況を想定し、その時できることは何か、将来作りたいサービスや仕組みは何か?

グループワークを通じて深く考える時間となりました。

 

 

湘南電力は、防災事業の一環として小田原市内7小学校に災害時も活用できる蓄電池を設置し、持続可能なまちづくりに取り組んでいます。

【参考】「小田原市エネルギーの地域自給の促進に係るモデル事業に関する協定」を締結

【出張授業・インタビューのお問合せ】

湘南電力株式会社

E-mail:snjimu@shonan-power.co.jp

 TEL:0465-34-9105

(平日9:00~17:30)