2015年12月13日


神奈川県と「電力の地産地消推進事業の取組に関する協定書」を締結!

神奈川県と湘南電力、エナリスは、
神奈川県内の電力の地産地消を連携して進めるために本日協定を締結し、
共同会見を行いました。

左から、村上憲郎・黒岩祐治氏

神奈川県は、「原子力に過度に依存しない」「環境に配慮する」「地産地消を推進する」という
3原則から成る「かながわスマートエネルギー計画」を掲げています。
その一環として、県内の分散型電源から電力を調達し、県内の需要家に供給する
新たな地域電力供給システムの構築に積極的に取り組んでいます。

湘南電力とエナリスは、神奈川県の目指す地域電力供給システムの担い手として、
電力の地産地消が地域に根付き、発展していくよう、
神奈川県と協力し合って活動していきます。

左から、村上憲郎・黒岩氏・真壁氏

共同会見には、湘南ベルマーレの真壁会長も駆けつけてくださいました。
(写真左から湘南電力会長 村上・神奈川県 黒岩知事・湘南ベルマーレ真壁会長)
ありがとうございました!