地域全体でSmartに使う。再生可能エネルギーをより効率的に利用する。

エネルギーの地産地消には、再生可能エネルギーの促進が不可欠です。湘南電力は、再生可能エネルギーといった不安定な電源を安定した電源として活用し、発電された電力を無駄なく使い切る仕組みづくりを目指し、蓄電池の普及に取り組んでいます。

電力の効率利用のキーアイテム:蓄電池


太陽光や風力などの自然の力によって発電する再生可能エネルギーは、環境にやさしい反面、気象条件等によって供給できる電力が大きく変動してしまうという性質があります。もし、すべての需要家が蓄電池を持っていたらどうでしょうか?

自然の力で発電されたものを蓄電池に貯めて、需要に合わせて放電するようにマネジメントできれば、再生可能エネルギーの欠点を補い、有効活用することが可能になります。さらに、ピークカットによる契約電力の削減や、昼夜間値差(ピークシフト)を利用した安価な夜間電力の活用による電気代の削減といったメリットもあります。

また、災害時や停電時のバックアップ電源としても活用できます。蓄電池が普及すれば、EVやHEMS・エネファームなどと複合的に 利用する ホームオートメーション化によって、さらなるエネルギー利用の効率化が可能になるかもしれません。

エネルギー利用の効率化


湘南電力が起こす、4つのMOVEMENT

電力の地産地消

電力の有効活用

電力で地域貢献

電力を選ぶ


代理事業者(代理事業者が一部業務を委託する事業者を含む)